2010年06月09日

お疲れさま、μ10

ついに最後の軌道修正が終わりました。
結果は良好のようです!

小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)のTCM-4、
WPAへの精密誘導完了
http://www.jaxa.jp/press/2010/06/20100609_hayabusa_j.html

これをもって、打ち上げ以来「はやぶさ」を支えてきたイオンエンジン「μ10」は役目を終えます。
主エンジンとして、また2005年末に迷子になる直前からは姿勢制御装置として、「はやぶさ」の運用に無くてはならない存在でした。
奇跡の立役者と言っても過言ではないでしょう。

「いつ止まってもおかしくない」「動いている事が奇跡」という状況下で、最後まで立派に働いてくれた「μ10」。
「はやぶさ」をつれて帰ってきてくれて、本当にありがとう。
そして、お疲れさまでした。

Twitterより。
皆さん,μ10イオンエンジンは立派に役目を果たしました。メインエンジンの枠を超えて「はやぶさ」の失われた機能をサポートしきった我らのエンジンを誇らしく思います。万感の想いで運転終了のシール(五角形)を運用室の窓に貼りました。 http://bit.ly/aV56Nm (IES兄)


五角形のシールってのは、たぶん↓上の写真のやつかと。
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2005/11/post_72a0.html

いよいよ、終わりが近づいてきました。
「はやぶさ」地球帰還の日まで、あと3日。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。