2010年07月11日

小惑星「ルテティア」フライバイ観測

欧州宇宙機関(ESA)の彗星探査機「ロゼッタ」が小惑星「ルテティア」のフライバイ観測を行いました。
「ルテティア」はM型小惑星。
「ロゼッタ」はM型小惑星を探査した始めての探査機になりました。

ロゼッタ彗星探査機、小惑星「ルテティア」フライバイ
http://www.sorae.jp/031004/4009.html

上記リンク先には観測画像が掲載されています。
大きさがkm単位で書かれる比較的大きな小惑星ですから、表面の様子は一般的にイメージされる小惑星そのものですね。
いわゆるジャガイモ(笑)

なお、「ロゼッタ」は、2014年にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸探査を行う予定だそうです。
まだまだ先ですが、今から楽しみにしておきます。
posted by Tri at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙科学・宇宙技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156065270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。