2010年04月21日

「はやぶさ」帰還の日まで、あと…

ついに公式発表が来ました!

小惑星探査機「はやぶさ」搭載カプセルの地球帰還について
http://www.jaxa.jp/press/2010/04/20100421_hayabusa_j.html

帰還の日は、2010年6月13日、日本時間23時ころ。
ただ、「現在の計算によると」という但し書きがある通り、あくまで暫定値の模様。

さて、以前の記事に書いたとおり、帰還日の公式発表がありましたので、今週末に「はやぶさ帰還カウントダウン」のバージョンアップを行います。
今後、帰還日が修正された場合は随時修正していきたいと思います。

「はやぶさ」と同じく、こちらも精密誘導の段階に入ってきましたw

2010年04月20日

お迎えの是非について

しばらく目を離してたら「はやぶさスレ」がおかしなことに…( ̄□ ̄;
かぐやのスレといい、いったい何なんだ???

それはともかく、「はやぶさ」お迎えツアーが是か否か、という話。

正直なところを言えば、是非見に行きたいと思う。
今まで「はやぶさ」を見守ってきた仲間と最期を見届けたいと思う。
カプセルを回収してきたJAXAの方々を暖かく迎えられたらと思う、「ありがとう」と言えたらと思う。そして、一緒に祝杯をあげられたらと思う。

…でも、行かないと決めた。
おそらく川口先生の言葉が無ければ、絶対にオーストラリアに行っていたと思う。そのために、有休を計画的に貯めこんだりもした(笑)
それでも行かないのは、今後の事があるから。

自分も含めて、今まで「はやぶさ」を見守ってきた諸氏のこと、現地へ行って軽はずみな行動をとることは無いと思います。けれど、そこは日本から遠く離れた異国の地、日本での常識は通用しない場所です。自分たちにその気が無くとも、現地の方々にとっては迷惑なことかもしれません。
私が一番危惧しているのは、現地の方々の中で、私たちが現地に赴くことによって生じるかもしれない「迷惑行為」とJAXAの活動がリンクすることです。
別に、多少迷惑になったくらいでオーストラリア政府が今回の「はやぶさ」のリエントリに待ったをかけることは無いと思います。が、今後「はやぶさ2」「はやぶさMk2」と続いていったときに、JAXAが現地の協力を得られなくなってしまうかもしれません。
これは別に、ウーメラの町に限った話ではありません。100km、200km離れていようが、同じことだと思いますが、どうでしょう?
私の考えは大げさだと思いますか?

そして、もう一点。それは、JAXAの方々の気持ちを考えて。
「はやぶさ」の帰還を見届けに行って、事件や事故に巻き込まれる様なことがあったら、どうでしょう?事件・事故に遭った当人は自己責任ですから、仕方ありません。しかし、JAXAの方々にしてみれば堪らなく悲しい話です。


以上、まとまりの無い文章で申し訳ありませんが、私の意見を述べさせていただきました。
「それでも行く!」という人を止める権利は、私にはありません。「くれぐれも、気をつけて…」と言うのが精一杯です。


と言うわけで、私は日本で「はやぶさ」の帰還を見守ります。「はやぶさ」の事だけではなく、JAXA、そして今後の宇宙開発の事を考えれば、これがベストの選択だと信じています。
今日現在、「はやぶさ帰還カウントダウン」は「あと56日」と表示されています。早いものですね。私が「はやぶさ」を追いかけ始めたころは、まだ1500日以上あったのに。。。
できることならば、「はやぶさ」帰還のその日は、3年以上の長きにわたって共に「はやぶさ」を見守ってきた諸氏と飲みたいな、と。

2010年03月29日

あと一歩!

とうとうキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
いよいよその時がやってくるのですね!

あと少し!がんばれ「はやぶさ」&中の人!

小惑星探査機「はやぶさ」搭載イオンエンジンの連続運転による
軌道制御の終了について
http://www.jaxa.jp/press/2010/03/20100327_hayabusa_j.html

2009年11月21日

翼はよみがえった!!

長らく更新をサボっておりました。。。
その間にもいろいろ大きなニュースがありましたが、今日はこれでしょう。

小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用の再開について
http://www.jaxa.jp/press/2009/11/20091119_hayabusa_j.html

先日のイオンエンジン停止のニュースを聞いたときには、いよいよだめかと思いましたが、さすがははやぶさPJチーム、いい意味で期待を裏切ってくれます(笑)

「不死身の探査機」と呼ばれる「はやぶさ」ですが、それは「ペンシルロケット」以来コツコツと積み上げてきた技術と教訓、そして「はやぶさ」を知り尽くし、今まで我が子のように育ててきたPJチームの粘りに支えられてのものです。PJチームのこれまでの活躍は賞賛されて然るべきものです。
ただし、それが常態化してはいけないということも確かです。圧倒的に少ない予算でここまでやってこれた事は、PJチームの英雄的活躍に拠っていると言わざるを得ません。このようなPJが今後も成功を収める保証が無いことは、多くの人の知るところです。PJメンバーの命を削って飛ぶ衛星など、本来あってはならないのです。PJチームに過大な負荷をかけることなく、確実に成功を収められる環境を整備する必要があります。財政が厳しいからと言って「金にならない科学は廃止」とか「この金額で成功したなら、次はもっと少ない金額でOKでしょう」などと軽々しく言う人には、科学者や技術者がどれだけ身を粉にして働いているのか見てもらいたいものです。どこぞの議員さん方は、たとえ今子供手当てを支給して子供を育てても、20年後に日本が原っぱになっていたのでは意味が無いことくらいわからないのでしょうか?

話が逸れましたね。。。
とにかく、イオンエンジンは再び動き始めました。このまま何事もなければ、来年6月にオーストラリアへお迎えに行くことができるでしょう。もちろん、予断を許さない状態であることは間違いありません。PJチームの皆さんにあっては、これまでと同様、慎重に運用を行ってもらいたいと思います。そして、「はやぶさ」を地球まで導いてくださるよう、お願いいたします。

さて、「はやぶさ」復活記念、ということで「Back to the earth」(2回目w)を見に府中へ行ってきました。相変わらず泣かせる作品ですね。来年6月には、あの映像と同じ光景が見られるのでしょうか?

ついでに、今回は府中郷土の森博物館のご近所、大東京綜合卸売センターに行ってきました。お目当ては、「まぐろの王様」のまぐろ丼。
まぐろ丼・小(¥1000)で結構な量でした。お味噌汁はおかわり自由です。とってもおいしかったので、みなさまも是非。。。

2009年06月07日

はやぶさ帰還カウントダウンVer.1.1公開

はやぶさ帰還カウントダウンをバージョンアップしました。
以下のURLからダウンロードしてご利用ください。

6/8 21:30追記
下記リンク先のzipファイルが旧バージョンの物になっていました。6/7〜8にかけてDLされた方は、改めてDLをお願いします。お手数かけて申し訳ありません。


Ver.1.1(新バージョン)
http://bysc.up.seesaa.net/image/hayabusa_cd1_1.zip

なお、Ver.1.0からの修正項目は以下の通りです。

・2009年7月以降の年月表示を、月数だけを表示するように修正
 (旧) 0年○ヶ月
 (新) ○ヶ月
・ミッション終了後の表示を作成(暫定版)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。