2009年06月06日

「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」を見てきました

本日から府中郷土の森博物館で上映の「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」を見てきました。
上映開始30分ほど前に現地に到着しましたが、プラネタリウムの入り口付近には既に20名ほどが集まっていました。そして、入場直前には行列が……。この中にどれだけ「はやぶさスレ住人」がいたのでしょうか???(笑)

入場後、解説員のおじさんお兄さんから番組について簡単な紹介。
当方、この時点でこみ上げるものが。(笑)
そして、解説のお兄さんが一言。

「皆さんの中には、はやぶさに強い想いいれを持った方もいっらしゃるのでは……」

バレてる。(笑)

内容としては、ネタバレも何も無い内容ですが、とにかく魅せます。そして、泣かせます。オープニングから涙をこらえるのに必死でした。これまで、耳にタコができるほど聞いてきた「はやぶさ」のお話ですが、打ち上げから現在までのイベントを改めてたどっていくと、「はやぶさ」の健気さやすごさ、そして「はやぶさ」を支えた方々の情熱を感じずに入られません。まさに、涙無しには語れぬ物語です。
最後の方は、涙がぼろぼろ出てきて大変でした。

詳細は書きませんし、文字で表せるほどのものではありません。
ぜひ、見てください。その際は、ハンカチやタオルをお忘れなく。

navi.jpg
入り口の案内看板。

plane.jpg
これがプラネタリウム投影機。
博物館のご近所にある五島光学製。

以下おまけ。

ajisai.jpg
紫陽花が見ごろでした。
とてもきれいです。

nitta_yoshisada.jpg
最寄り駅「分倍河原駅」前の新田義貞像。

2009年02月04日

「はやぶさ」第2期軌道変換開始!

ついに来ました!

小惑星探査機「はやぶさ」の現在の状況について
−イオンエンジン再点火、地球帰還へ向け第2期軌道変換を開始へ−
http://www.jaxa.jp/press/2009/02/20090204_hayabusa_j.html

「はやぶさ」イオンエンジン再点火 地球帰還へ向け第2期軌道変換を開始!
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2009/0204.shtml

Z軸リアクションホイールはいつ止まってもおかしくない,イオンエンジンも設計寿命をはるかに超えている。
バッテリやスラスタに至っては,とうの昔に使えなくなっている。

それでもなお「はやぶさ」は飛び続けます。
なぜなら,待っている人がいるから。
絶対にあきらめない人がいるから。

必ず帰ってくると信じています。
ただ,帰ってきてくれるだけでいいんです。
他に何もいらないから,無事に帰ってきてほしい。
それだけです。

2009年01月31日

帰還まで500日くらい

はやぶさ:地球帰還へ挑戦、2月にエンジン再起動
http://mainichi.jp/select/science/news/20090129k0000e040077000c.html

いよいよ「はやぶさ」のイオンエンジン再起動の時期です。
「冬眠のお知らせ」を聞いたはついこの前のような気がしますが,もう1年以上前なんですね。早いものです。

そして,地球帰還まであと500日くらいとなりました。
何事もなく帰ってきてくれることを願うばかりです。

2008年05月29日

「はやぶさ2」と「Marco Polo」の現状

千葉で開催中の地球惑星科学連合大会で,「はやぶさ2」と「Marco Polo」(はやぶさMk-2)の現状報告があったようです。松浦さんがレポしてくれています。

松浦晋也のL/D 「はやぶさ2とマルコ・ポーロ」
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2008/05/post_7d2f.html

---
「はやぶさ2」に関しては,以前の記事で触れたように,海外からロケットを調達できなければ計画頓挫,という状況は変わっていないようです。現在,ESAおよびNASAと交渉中で,早ければ6月中にもESAから返事が来るとか。
調達が不調に終わる,なんてことは今は考えないことにします。

さて,これまで「はやぶさ2」の打ち上げは2010年or2011年という話でしたが,打ち上げは2014年ごろに設定されそうな雰囲気だとか。
3〜4年遅れるということは,次のウィンドウを狙うということでしょうか?目標天体である「1999JU3」の公転周期がわからないのでなんとも言えませんが。
それとも,ロケットのパワーで埋められる差なのでしょうか?

「Marco Polo」(はやぶさMk-2)は,既報の通りESAの一次審査を通過しました。今後順調に2次,3次審査を通過すれば2011年に開発を開始し,2018年打ち上げ予定とのこと。目標は「ウィルソン・ハリントン」という枯渇彗星だそうです。
---

どちらのミッションも,これから実施に向けていくつもの壁を乗り越えていかなければなりません。私たち一般人には,応援することしかできませんが,できる限りの支援をしていきたいと思います。

うらにわ宇宙空間観測所は「はやぶさ」「はやぶさ2」「Marco Polo」を応援しています!

2008年05月26日

「祈り」が WorldMediaFestival 部門別銀賞を受賞

「はやぶさ」ビデオ「祈り」が WorldMediaFestival 部門別銀賞受賞!
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2008/0526.shtml

おめでとうございます!
「祈り」だけでなく,「はやぶさ」にもMuseの祝福があらんことを。

帰って来い!はやぶさ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。