2008年05月11日

「小惑星探査用 小型ロボットの作り方」が公開されています

ご存知の方もいるかと思いますが,一応。

日経エレクトロニクス2007年1月1日号および1月15日号に掲載された「小惑星探査用 小型ロボットの作り方」が,日経エレクトロニクスのWebサイトで公開されています。

今週の日経エレクトロニクス体験版
http://techon.nikkeibp.co.jp/NE/nknavi/s8/8_1.html

2008年02月10日

「今日のはやぶさ」を貼ってみる

小惑星探査機「はやぶさ」情報に掲載されている,地球とはやぶさの距離を個人のサイトに貼り付けられるCGIを神奈江淳さんが作ってくれました。
早速当Blogで利用させていただきました。ありがとうございます。
ラベル:はやぶさ

2008年01月08日

「はやぶさ2」いまだ健在なり!

松浦晋也のL/Dより・・・・・・

はやぶさ2計画は生きている
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2008/01/post_52ce.html

JAXAの立川理事長が年始のインタビューで「はやぶさ2」の準備を始める,という発言をして舞い上がっていたら,来年度予算の内訳に「はやぶさ2」の名前が無くて愕然としたりと,すったもんだした末に(?)出てきたのがこのお話。

「はやぶさ2」計画は確かに生きている。
一時は海外から打ち上げ用ロケットを無料で調達できなければ計画は白紙,という状況でしたがイタリアが開発中の固体ロケット「ヴェガ(Vega)」での打ち上げを打診されているそうです。
イタリア以外にもNASAからもお話が来ているとか。この辺はOSIRISが落選したことも関係あるんでしょうかね?

なんとなく光が見えてきた感じはしますが,状況は依然として厳しいと言えるでしょう。ある程度総額が決まっている予算をいくつもの計画が取り合っているところへ,新たに1つプロジェクトをねじ込むわけですから。
川口先生を初め,月・惑星探査ワーキンググループ(JSPEC)の皆さんにはこれからも頑張ってもらわなければならないようです。どうかお体には気をつけてお願いします。

うらにわ宇宙空間観測所は「はやぶさ2」を応援しています!

2007年11月23日

「祈り」公開。フライングでw

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!

細かいことは後だ!
ワイン,ジュース,コーヒーもしくはリポDを準備の上,とにかく見ろ!!

http://spaceinfo.jaxa.jp/inori/index.html

というわけで,これから今日2回目の鑑賞に入ります。w

----------
18:00 追記

もう何回見たか(聞いたか)わからないくらいの再生回数です。w
地球スウィングバイ後の「イッテキマス」がなんとも健気で涙。
交信回復後の「カエラナキャ」で涙。
イオンエンジンの再起動シーンでも涙。
「back to my arm〜」の歌詞と地球の写真で号泣です。

お願いだから,無事に帰ってきてくれ!はやぶさ!

2007年11月17日

意外なところで・・・・・・

修士1年の秋です。就職活動を始めなければなりません。
ということで,某就職情報サイトに登録して購読を頼んでおいた冊子が届きました。
正直なところ,まじめに読む気など無かったのですが(ぉぃ),薄型携帯電話の中身など,なかなか興味深い記事が多く,なかなかの好印象です。w
とりあえず1回読んでみて,つまらなかったら購読解除,のつもりでいたのですが,これは続けて読む価値がありそう・・・・・・と思いつつページをめくった,その時です。意外な物を発見しました。

nikkei_hayabusa.jpg

おおおおお!!我らが「はやぶさ」ではないですかっ!!!

実はこの記事,日経エレクトロニクス2007年1月1日号に掲載された「小惑星探査用小型ロボットの作り方」を再掲したものですので,上の写真を見て「あぁ,あの記事か」と思った方もいらっしゃることでしょう。
卒論に追われてこの記事を見逃すという大失態(?)をやらかした私にとっては,願っても無い贈り物です。

気に入った!就活が終わるまで購読決定!www
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。