2008年07月13日

第1回茶臼山遠征

昨日15時前,某友人から電話。

友人「今日天気良さそうだから,星見に行かない?」

Tri「いいねぇ,行きましょう」

というわけで,茶臼山への遠征が急遽決定。(笑)
某サークル所有の10cm屈折望遠鏡を借りて出撃,茶臼山高原道路途中の駐車場へ展開しました。

上まで行かなかったのでそこまで空は暗くありませんでしたが,そこは山の中。天の川がはっきりと見えました。お天気にも恵まれ―望遠鏡の性能がいいこともあいまって―球状星団M13が本当に星の集まりとして見えるなど,大変いい遠征でした。

おかげで,今日1日眠くて仕方がありませんでしたが……。(笑)

jupiter.jpg
お土産。木星が大変きれいに撮れました。
posted by Tri at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

ついにその時が来たのか?

日本初官民共同開発・GXロケット中止へ…コストなど問題(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080530-OYT1T00452.htm?from=any

とうとう来ました。LNGエンジンという大変魅力的な技術を組み込んだ計画でしたが,開発は容易ではなかったようです。これで,大・中・小型ロケットを揃えるという日本のロケット計画は完全に崩壊したことになります。中型ロケットとしてのGXが必要ならば,LNGエンジンをやめてLE-5Bなどのある程度実績のあるエンジンを使うことも考えられたのではないでしょうか。そうすれば,少なくとも今回のようなことにはならなかったはずです。

そもそも,まともに形になっていない物を商業打ち上げ用ロケットに使うという発想が理解できないのですが……。
ただ,LNGエンジン自体は将来的に必要となる可能性が大いにあるので,エンジンの開発だけは今後も続けて欲しいと思います。
posted by Tri at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙科学・宇宙技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

「はやぶさ2」と「Marco Polo」の現状

千葉で開催中の地球惑星科学連合大会で,「はやぶさ2」と「Marco Polo」(はやぶさMk-2)の現状報告があったようです。松浦さんがレポしてくれています。

松浦晋也のL/D 「はやぶさ2とマルコ・ポーロ」
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2008/05/post_7d2f.html

---
「はやぶさ2」に関しては,以前の記事で触れたように,海外からロケットを調達できなければ計画頓挫,という状況は変わっていないようです。現在,ESAおよびNASAと交渉中で,早ければ6月中にもESAから返事が来るとか。
調達が不調に終わる,なんてことは今は考えないことにします。

さて,これまで「はやぶさ2」の打ち上げは2010年or2011年という話でしたが,打ち上げは2014年ごろに設定されそうな雰囲気だとか。
3〜4年遅れるということは,次のウィンドウを狙うということでしょうか?目標天体である「1999JU3」の公転周期がわからないのでなんとも言えませんが。
それとも,ロケットのパワーで埋められる差なのでしょうか?

「Marco Polo」(はやぶさMk-2)は,既報の通りESAの一次審査を通過しました。今後順調に2次,3次審査を通過すれば2011年に開発を開始し,2018年打ち上げ予定とのこと。目標は「ウィルソン・ハリントン」という枯渇彗星だそうです。
---

どちらのミッションも,これから実施に向けていくつもの壁を乗り越えていかなければなりません。私たち一般人には,応援することしかできませんが,できる限りの支援をしていきたいと思います。

うらにわ宇宙空間観測所は「はやぶさ」「はやぶさ2」「Marco Polo」を応援しています!

NASAの実力を見た

先日火星の北極圏への着陸に成功した「Phoenix」は順調に観測の準備を進めているようで,搭載カメラが撮影した写真が次々と公開されています。

Phoenix Mars Mission -Home-
http://phoenix.lpl.arizona.edu/index.php
ページ中段の「Images from Phoenix」から写真を閲覧可。

一方で,「Phoenix」捉えた写真も公開され始めました。
NASAの火星探査機「Mars Reconnaissance Orbiter」(MRO)が着陸した「Phoenix」を撮影しました。
http://www.nasa.gov/mission_pages/phoenix/images/press/PSP_008591_2485_RGB_Lander-str.html
http://www.nasa.gov/mission_pages/phoenix/images/press/PSP_008591_2485_RGB_Lander_labeled.html
http://www.nasa.gov/mission_pages/phoenix/images/press/PSP_008591_2485_RGB_Lander_Inserts.html

ランダーと耐熱シールド,パラシュートがはっきりと写っています。さすがMRO。

そして,一番衝撃的なのが↓の写真。
http://www.nasa.gov/mission_pages/phoenix/images/press/PSP_008579_9020_descent.html

クレーターをバックに,パラシュートを開いて降下する「Phoenix」が写っています。恐らくこんな写真は,これまで撮られたことは無いでしょう。

AstroArtsの記事や,日本惑星協会のメルマガによれば,この写真は「運良く撮れた」物だったようですが,これは何機もの探査機を送り込み,運用しているNASAだからこそできたことでしょう。
運も実力のうち,とはまさにこのことです。
posted by Tri at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙科学・宇宙技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

「祈り」が WorldMediaFestival 部門別銀賞を受賞

「はやぶさ」ビデオ「祈り」が WorldMediaFestival 部門別銀賞受賞!
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2008/0526.shtml

おめでとうございます!
「祈り」だけでなく,「はやぶさ」にもMuseの祝福があらんことを。

帰って来い!はやぶさ。

「Phoenix Mars Lander」着陸成功

火星の北極付近の土壌に含まれる水や氷を調査し,有機物などの生命の痕跡を探す探査機「Phoenix Mars Lander」が今朝,火星への軟着陸に成功しました。

火星への着陸は「Opportunity」以来,軟着陸となると1976年の「Viking 2」以来だそうです。

早速写真が送られてきています。
http://www.nasa.gov/mission_pages/phoenix/main/index.html

事前の観測で確認されたとおり着陸地点付近には岩などは無く,荒涼とした平原が広がっています。

果たして,これからどのような発見がなされるのか。期待してます。
posted by Tri at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙科学・宇宙技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

「小惑星探査用 小型ロボットの作り方」が公開されています

ご存知の方もいるかと思いますが,一応。

日経エレクトロニクス2007年1月1日号および1月15日号に掲載された「小惑星探査用 小型ロボットの作り方」が,日経エレクトロニクスのWebサイトで公開されています。

今週の日経エレクトロニクス体験版
http://techon.nikkeibp.co.jp/NE/nknavi/s8/8_1.html

2008年05月09日

「Kepler」に乗せてもらう

来年2月打ち上げ予定の,NASAの系外惑星観測衛星「Kepler」に名前を乗せてもらいました。

Kepler.jpg
証明書

名前の登録はKeplerのWebサイトから行います。
登録できる内容は,苗字(last name),名前(first name),国(州は米国のみ),500語以内のコメントとなっています。なお,英数字のみの受付だそうです。
今年11月1日まで受付なので,忘れないうちにどうぞ。

私は本名で登録しましたが↑の証明書は名前と通し番号を書き換えてありますので,あしからず。

ちなみに,今年11月24日以降打ち上げ予定の月探査機「ルナ・リコネッサンス・オービター(LRO)」も名前の受付を行っています。
こちらの締め切りは6月27日です。下記のURLからどうぞ。

Send Your Name to the Moon
http://lro.jhuapl.edu/NameToMoon/index.php
posted by Tri at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙科学・宇宙技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

エコバッグ増殖中

世はエコブーム,と言うわけかどうかは分かりませんが,最近「エコバッグ」をもらう機会が増えています。

我らがISASからは,昨年の相模原キャンパス一般公開昨日の宇宙科学講演と映画の会で頂きましたし,某社の会社説明会でも資料入れとして頂いております。

「もらえる物はもらっておけ」とは言いますが,こんなにたくさんどうしろと?

eco_bag.jpg
現在保有しているエコバッグたち

現在常用しているのは,写真右上のISASバッグ。米など重量物を買う場合には左下のイ○ンバッグを使用中。あとは,箪笥の肥やし状態。

こうなると,何がエコなのか分からなくなってきます。w
posted by Tri at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

第27回宇宙科学講演と映画の会

毎年恒例の「宇宙科学講演と映画の会」へ行ってきました。
例年なら夜行バスで乗り込むところですが,今年は都合よく(?)前日に某企業の面接が東京であったため,1泊しての参加です。

ごめんなさい(--自粛--)株式会社の皆様。交通費頂いて面接を受けに行った身で遊んで帰る私を許してください。決して,今日の講演会に合わせて面接の日程を選んだわけではありませんので,許してください。

講演の内容ですが,今年は「次期固体ロケット」と「かぐや」について。

「次期固体ロケット」については,森田先生に先月行われた燃焼試験の映像などを交えながら熱く語っていただきました。小型衛星をバンバン打ち上げられるロケットをよろしくお願いします!

「かぐや」についてはサイエンスマネージャの加藤先生から。まず初めに,加藤先生から「応援してくれてありがとう」のお言葉。感謝されてしまいました。w
そのあと「かぐや」に搭載しているセンサとその観測データを紹介していただきました。これからも「かぐや」の活躍に期待しています!

その他,質問コーナーでは今日司会を務められた坂本先生のペーパークラフトの次回作は「ASTRO-G」と「あけぼの」であることが判明したり,クリーンな固体燃料の開発が進んでいるというお話もあり,今年も大変おもしろい講演会となりました。

最後に,「祈り」の上映。もう何回も見ているのに,「はやぶさ」の帰還シーンは涙が止まりません。帰りの東京駅で,出発する寝台特急「はやぶさ」を見送りながら,工学実験探査機「はやぶさ」の帰還を祈らずにはいられませんでした。


4/19 追記
無事に(--自粛--)株式会社から内々定を頂くことができました。
ありがとうございました。
posted by Tri at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙科学・宇宙技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。